ワームウッド(ニガヨモギ)、マグワート(ヨモギ)

In Categoryニガヨモギ, マグワート, ヨモギ, ワームウッド

アングロサクソン時代の振興では「9種の聖なるハーブ」の一つとして数えられていました。どちらのハーブも、苦味の消化薬です。ワームウッドは、ベルモットなどの苦味の食前酒に、消化作用を刺激するために配合され、寄生虫の駆除にも用いられます。

性質
苦味、辛味、乾、非常に冷

成分
揮発成分(セスキテルペンラクトン、ツヨンなど)、苦味成分、フラボノイド、タンニン、シリカ、抗菌性のポリアセチレン、イヌリン、ヒドロキシクマリン

作用
A. absinthium(ニガヨモギ): 苦味健胃強壮、子宮刺激、駆虫、抗生物質、胆汁促進、駆風、殺菌
A. vulgaris(ヨモギ): 苦味健胃強壮、子宮刺激、神経刺激、月経調節、抗リウマチ

注意
どちらも子宮刺激作用があり妊娠中には用いない。
どちらも精油成分のツヨンが母乳を通じて乳児に移行することがあるため、授乳中には用いない。

ネトル

In Categoryナ行, ネトル
ハーブ名 ネトル
英名 Nettle
和名・別名 西洋イラクサ
学名 Urtica dioica
科名 イラクサ科
使用部位
特徴と効能 貧血を予防し血液をきれいに
  体に必要な栄養素が豊富
  花粉症,肌荒れ,ニキビ,貧血,むくみ,前立腺肥大
  ビタミンや鉄、カルシウム、マグネシウムなど、体に必要な栄養素を豊富に含みます。体質改善にも。血流を刺激して血行を促し毛細血管まで血液を巡らせてくれます。
注意 妊娠中、子どもへの使用に注意。
おススメ利用法 ・肌荒れ、にきび予防に、ティーを化粧水として
・髪のパサツキや抜け毛予防にはティーをヘアトニックとして
香りと味 緑茶に似たふんわりとした草の香り
主要成分 フラボノイド(クエルセチン)、クロロフィル、ステロール、ビタミンC、葉酸、ミネラル(ケイ酸、カルシウム、カリウム、鉄)、βカロテン