エキナセア

In Categoryア行, エキナセア
ハーブ名 エキナセア プルプレア
英名 Echinacea purpurea
和名・別名 ムラサキバレンギク
学名 Echinacea purprea
科名 キク科
使用部位 地上部全草
特徴と効能 インディアンも感染症予防に用いたという
  免疫力UP 
  花粉症,風邪,肌荒れ,ニキビ,口臭,むくみ,免疫強化,膀胱炎
  北アメリカのインディオの秘薬とも呼ばれているエキナセアは、免疫力を強化し、ウィルスに対する効果も確認されており、現在では風邪や感染症にも使用されています。風邪のひき初めや、花粉症シーズンの前から飲み続けるとよいでしょう。
注意 多量に飲むとめまいや吐き気を生じることがある。キク科アレルギーの人は注意。妊娠中、授乳中の使用は避ける。
おススメ利用法 ・風邪予防に、チンキ剤を薄めてうがいに使う
香りと味 クセのない飲みやすい味わい
主要成分 カフェ酸誘導体(エキナコシド、シナリン)、多糖類、アルキルアミド、精油、ピロリジジンアルカロイド(微量)