ポリフェノールとカロテノイド

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on GREE
Bookmark this on Livedoor Clip

ポリフェノール

光合成によって作られる植物の色素や苦味成分で、ベンゼン環上に-oh基を2個以上持つ化合物の総称。その種類は、カテキン、アントシアニン、イソフラボンなど、約300種類あるといわれている。近年、活性酸素を除去する抗酸化作用があると認められ、老化防止や、体調改善、疾病の予防などの効果が注目されている。

カロテノイド

8個のイソプレンからなり、共役二重結合を多く有する。カロテノイドは、カロテン類とキサントフィル類に分けられ、このうち、α―カロテン、β―カロテン、γ―カロテン、クリプトキサンチンは、プロビタミンAとして働く。

カロテン類

  • α―カロテン、β―カロテン、γ―カロテン   緑黄色野菜、卵黄、バター、ニンジン
  • リコピン                      トマト、スイカ

キサントフィル類

  • クリプトキサンチン   オレンジ、トウモロコシ
  • ルテイン         かぼちゃ、卵黄、カレンデュラ
  • カプサンチン       トウガラシ
  • アスタキサンチン    エビ、カニ、サケ、マス
  • クロセチン        クチナシ、サフラン