ワームウッド(ニガヨモギ)、マグワート(ヨモギ)

In Categoryニガヨモギ, マグワート, ヨモギ, ワームウッド
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on GREE
Bookmark this on Livedoor Clip

アングロサクソン時代の振興では「9種の聖なるハーブ」の一つとして数えられていました。どちらのハーブも、苦味の消化薬です。ワームウッドは、ベルモットなどの苦味の食前酒に、消化作用を刺激するために配合され、寄生虫の駆除にも用いられます。

性質
苦味、辛味、乾、非常に冷

成分
揮発成分(セスキテルペンラクトン、ツヨンなど)、苦味成分、フラボノイド、タンニン、シリカ、抗菌性のポリアセチレン、イヌリン、ヒドロキシクマリン

作用
A. absinthium(ニガヨモギ): 苦味健胃強壮、子宮刺激、駆虫、抗生物質、胆汁促進、駆風、殺菌
A. vulgaris(ヨモギ): 苦味健胃強壮、子宮刺激、神経刺激、月経調節、抗リウマチ

注意
どちらも子宮刺激作用があり妊娠中には用いない。
どちらも精油成分のツヨンが母乳を通じて乳児に移行することがあるため、授乳中には用いない。

Leave a Reply