ヤロウ(西洋ノコギリソウ)

In Categoryヤロウ, ヤ行

学名の由来はギリシアの英雄アキレス。トロヤ戦争の時に傷の手当てに用いられたといわれています。
昔から応急の止血薬として用いられてきました。
今日では、風邪とインフルエンザに用いられています。また、循環器系・消化器系・泌尿器系にも作用します。

性質
冷、乾、甘味、収斂味、わずかな苦み。

成分
揮発成分(プロアズレン類など)、イソ吉草酸、サリチル酸、アスパラギン、ステロール、フラボノイド、苦味成分、タンニン、タマリン

作用
(地上部)
収斂、発汗作用、末梢血管拡張、消化促進、月経に関する機関の回復、解熱
(精油)
抗炎症作用、抗アレルギー作用、抗けいれん作用

注意
まれにアレルギーによる激しい発疹が出ることがあります。
長期連用すると、皮膚が日光過敏になる事があります。
子宮刺激作用があるので、妊娠中は大量に使用しない。

ヤロウ

In Categoryヤロウ, ヤ行
ハーブ名 ヤロウ
英名 Yarrow
和名・別名 西洋ノコギリソウ
学名 Achillea millefolium
科名 キク科
使用部位 葉・花
特徴と効能 毒素の排出
  月経サイクルの正常化にも
  風邪,生理痛/PMS,冷え性,高血圧,膀胱炎
  古くから優れた止血作用を持つことで知られ、利用されてきました。ギリシア神話の英雄アキレスも負傷した兵士の傷にこのハーブを使用しました。熱を伴う風邪やせき、咽頭炎といった感染症の緩和に役立ちます。
注意 多量に使用すると頭痛やめまいを起こすことがある。妊娠中、キク科アレルギーのある人は注意。
おススメ利用法 ・チンキ剤を化粧品として使う
香りと味 きりっとした香りと辛み
主要成分 精油、クマリン、ラクトン、アミノ酸、ステロール、フラボノイド、タンニン、サポニン、サリチル酸、糖類、シアニジン